探偵で浮気調査!真実はいつも一つとは限らない

探偵に浮気調査を頼むとき、どうやって解決したいのか、別れたい人別れたくない人の解決とそれぞれの真実とは
マカロン
ナポレオン
HOME=>浮気は男性の専売特許のように思われがち

浮気は男性の専売特許のように思われがち

浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、女性だって浮気するじゃありませんか。

女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、人と会う機会は多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。近頃は女性の浮気が増えているのか、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が以前ほど珍しいものではなくなってきました。

たとえ不倫調査という正当な理由があっても、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。ご心配なく。探偵業法を遵守していれば違法ではありません。2000年代中頃にこの法律が制定される前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、違法な詐欺まがいの業者との様々なトラブルを防止するために施行されました。

どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、気にするなというほうが無理でしょう。

このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、営業所のかわりに、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで会ってもらえば話もしやすいでしょう。

意図しない契約を結ばされるといったトラブルから身を守るための手段です。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、以前は発信機でしたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、旧型の発信機と比べると明らかに対象車両の追跡に効果を発揮しています。

いまどきのGPSの精度はとても高く、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

そんなGPSを設置できれば、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。探偵を使い慣れている人はいないでしょう。いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは一般的なのではないでしょうか。興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。

きちんとした業者かどうかは、届出番号で判断することができます。

だからこそ、そこのサイトや営業所、広告、チラシに認可番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、奥さんが浮気していて、裁判でその男を訴えたいと言っているのです。

でもそうなったら裁判費用が要ると聞いたことがあります。

ちゃんと浮気の証拠を押さえて浮気の慰謝料を要求した上、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言ったのです。

まずは冷静になることですよね。面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。携帯も隠すし、これは浮気しているなと思いました。相手が誰かだけでも知りたくて、チェックしてみましたが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、手も足も出ませんでした。

私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵の出番かとも思うのですが、主婦のへそくりもないので、最初の一歩を踏み出せないでいます。

探偵を雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、相応の支出は覚悟しておきましょう。

探偵業務にかかる費用は、一般的な浮気調査でだいたい3日で12万ないし14万くらいはかかるとみておけば間違いありません。時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、たいていの調査であれば、50万から60万くらい用意しておくと不足はないと思います。

関連記事

道
Copyright (C) 2017 探偵で浮気調査!真実はいつも一つとは限らないAll Rights Reserved.