探偵で浮気調査!真実はいつも一つとは限らない

探偵に浮気調査を頼むとき、どうやって解決したいのか、別れたい人別れたくない人の解決とそれぞれの真実とは
マカロン
ナポレオン
HOME=>普通、離婚となると、離婚の原因と

普通、離婚となると、離婚の原因と

普通、離婚となると、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子供の親権がとりにくいと思われているようです。

ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。

調整や裁判での子供の親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、子供を育てることに協力的だったかどうかなどを重くみる傾向があります。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを最も重要なことと考えているようです。

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、不倫の慰謝料を求めるというのが最も効果的です。不倫の相手のほうではあまり深く考えていないというのが現実だったりします。慰謝料請求という現実を見せることで、彼らがやったことの反省を促すのです。探偵を頼むには、とりあえず電話をかけてみましょう。

電話でスタッフと話してみて、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事業所へ行くという運びになります。

相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、信頼できる会社だと思ったら契約になります。

ここへ来てやっと探偵による調査が開始されます。

以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。

安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいるところに調査してもらいました。

覚悟していたとはいえ、証拠を見てしまうと、さすがに落ち込みました。不倫調査を興信所に依頼する際は、行動範囲、交友や家族関係、仕事先など分かる限りのことを伝えると、時間もコストも削減できます。探偵に丸投げするのは簡単ですが、不倫の裏付けをとるために時間も費用もかかってしまいます。生活を共にしていればわかることだって大いにあるはずですし、記録やリサーチにいそしむと良い結果が出やすいでしょう。探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、中にはとんでもない金額を請求するところもないわけではありません。

高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、実のところ非常に微妙です。

高額な料金を請求しておきながら、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったという結末にならないためには、契約前に調査費用の平均値ぐらいは知っておくと良いでしょう。

興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金が必要になることもあるようです。ただ、契約時に交わした書類には、オプション発生時の条件が記載されています。だからこそしっかりと確認しておくべきでしょう。

また、不明なことがあるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが怠らないようにしましょう。

近年SNSの利用者が急増しているせいか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったというパターンも多くなりました。

配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新しているときは、浮気相手と連絡をとっていると考えてもおかしくはないでしょう。

配偶者の態度とSNSは不倫をしているかどうかの判断材料になるかもしれません。

関連記事

道
Copyright (C) 2017 探偵で浮気調査!真実はいつも一つとは限らないAll Rights Reserved.